2018/02/25

グリップサイズの変更を試してみる

年明けから全豪オープンが終わり、オリンピックも終わり、次の楽しみは全仏オープン!!

錦織選手も順調に回復しているので、活躍を期待したいです。



私はいつもグリップサイズ3を使用しているのですが、ワンサイズ細いグリップサイズ2を試したいと思い、

グリップサイズを1つ細く出来る薄いリプレイスメントグリップへ変更してみました。

海外でも信頼の高いヨネックス製のスーパーレザー カスタムシングリップです。

下記リンクです。





クッション性はほぼないですが、ふわふわ感が嫌いなので違和感もなく握りやすかったです。

握った感じはレザーグリップに近い感覚です。

また薄い分、軽いため、若干ですがトップヘビーになりました。


いつも使っている通常のグリップサイズ3と比較すると、手首回りがスムーズに動きやすく、サーブ、ストローク、ボレー、

どれも回転をかけやすかったです。

特にボレーですが、薄いグリップのままでもドライブボレーが打ちやすく、ダブルスをする時は決めやすかったです。



grip.jpg



グリップが細い分、手首の可動範囲が広くなり細かいショットや、咄嗟のショットは打ちやすくなりましたが、

普通に打つ際、手首が必要ない方向にも可動範囲が大きくなってしまい、ショットのエネルギーがロスしている感覚が出てきました。


もう少し交互に使い込んでみてから決めないと、どちらが自分に向いているのかわからないと思いました。

リプレイスメントグリップを交換するだけで簡単にグリップサイズを変更出来る様になったので、

実際にいろいろ試して自分に適切なサイズを探してみるとラケット選びの幅も広がりそうだと思いました。






スポンサーサイト

コメント

非公開コメント